節分の風習は、やらないより、やった方が良い!?

日本では、節分を祝う風習があります。

いつから始まり、何故豆まきなのか?などをまとめてみました。

そもそも節分は、いつから日本に定着したのか?

 

 

節分とは、季節の分かれ目の事ですよね。

大昔の日本には、大晦日に「追儺(ついな)」という儀式がありました。

その頃は、1月1日が立春だったのですね。

大晦日が立春の前日として、追儺という行事をするのは、中国から伝わっています。

どんな行事内容かと言えば、厄払い、厄落とし的なことを行いました。

 

 なぜ鬼に豆をまくの? 

日本では、奈良時代から追儺行事を陰陽師らが宮中で行いました。

鬼の姿をさせて、豆を投げつけて疫病退散、災害退散、厄払いとしたのがきっかけです。

なので、豆まきは、日本の行事ですね。

 

 なぜ豆なの? 

故事伝説には、鞍馬の鬼が都で悪さをするので、豆を目にぶつけて退治したというお話があります。

鬼の目を「魔目」といって、豆が魔よけにもなっているそうです。

江戸時代に入ると、新年とは別として、立春は2月4日になります。

それから現在に至っています。

東北の方では、落花生で豆まきをする所もあります。
 

スポンサーリンク

 
 

節分の豆まきや恵方巻きを食べることは効果があるのか?

 

厄払いの効果とは、正直に言えば目に見えない部分です。

効果があるのかと言えば、信じるか信じないかという事で、その人の心任せになります。

ただ、立春を境に、新しい年を迎えるとして、昨年までの厄落としをして気分よく新年(春)を迎えることで、気分的にも違いがあるのではないでしょうか?

 

豆まきが楽しくて、笑顔になれれば、それだけでも幸せな時間であり、さらに健康促進にもつながる笑いですよね。

 

「これで厄落としができた、今年は大丈夫」と思えば、立派な引き寄せの法則にもなっています。

やらないより、やった方がお得なのですよ。

 

恵方巻きも、七福神を体に入れるという意味では、有難いご利益がありそうです。

気持ちの問題かもしれませんが、ポジテブな考え方は、幸せを引き寄せますからね。

 

節分祭に参加してみると、さらにご利益パワーがある!

氷川神社の節分祭、提供:さいたま市

節分の前日は、どの地方でも節分祭がおこなわれていますよね。

自宅から、恵方の方位である神社仏閣の節分祭に行きましょう。

 

 おすすめする理由は、 

・神社仏閣のパワースポットで邪気を払うご利益がある。

・年男年女が豆をまくと、強運のパワーで邪気を払ってくれる

・神様と一緒に新年(旧暦)を祝うことができる。

・お土産に、ご祈祷した豆が貰える七福神に扮した人たちから、福運招来して貰える

といったことがあります。

※地域により、行事内容に違いがあります。

その神社仏閣にある流儀を守りましょう!

神社仏閣では、豆まきの時に、「鬼は外」を言わない、「鬼も内」という掛け声をする

など、珍しい掛け声をするところがあります。

流儀に従って節分祭にお出かけしましょう。

 

ところで、恵方は、どうやって決めているのか知っていますか?

恵方とは、「歳徳神」様がいらっしゃる方位です。

歳徳神とは、節分を始めたと言われる陰陽道によって、その年の福徳を司る神様としています。

5年ごとに4つの方位を巡っています。

東→西→南→北→南、そしてまた東から回ります。

恵方は、その年の干支十干で決まります。
 

スポンサーリンク