ひな祭りの菱餅・雛あられ、桃の花の意味、深い愛情が込められている!

現在の形のひな祭りは、中国から伝わった桃の節句に独自の風習が加わった形です。

このひな祭りの飾りには、親や大人たちが子供を思う深い愛情が込められています。

菱餅・雛あられ、桃の花の意味をご紹介します。

ひな祭りに飾る菱餅、形と色の意味は?

菱餅は、白・ピンク・緑の3色が一般的に多くみられます。

これに、黄色・オレンジを加えた5色の物もあります。

 

色の意味

白色:

雪を表していると言われています。季節感ですね。白は浄化の意味もあり、穢れを払う意味も込められています。

 

ピンク:

桃の花をイメージしています。桃の花は、魔よけ・厄除けの効果があり、子供らが、邪気に触れないように成長する願いが込められています。

 

緑:

葉をイメージしています。春には若葉が出て、すくすく育つように、子供たちの健康を願っています。

黄色とオレンジ:

黄色は大地・オレンジは、太陽を表しています

 

ひし形の意味は?

 

スポンサーリンク

 

菱の実の形という説があります。

菱の実は、仙人が食べて長生きしたと言われていることから、健康長寿を願った形という説があります。

その他、「陰陽師によってひし形になった」「心臓の形に似せた」などいろいろな説があります。

 

雛あられ、地方によってあられの形に違いがある!

ひなあられ・白酒

雛あられも菱餅と同じような意味で、色がついています。

しかし、あられの形に違いがあります。

 

そもそもあられは、女の子たちが雛遊びをする時に食べるお菓子なのです。

お雛様に春を見せるという、外での「雛の国見せ」遊びの時に食べるお菓子です。

 

関東では、米を炒って作ったものが雛あられです。関西では、菱餅を割って

いった物です。餅と米の違いがあります。

 

桃の花は、邪気祓い、清めの意味がある

 

桃の花は、本来魔よけの意味があります。

ひな壇に飾る事で、家に入ってくる邪気を払い、子供たちを守る意味があります。

白酒に桃の花を浮かべると、長寿と幸せな結婚ができると言われています。

桃⇔百で、百歳まで生きるという言い伝えもあります。

白酒と甘酒、どちらがいいの?

お子様には甘酒をお勧めします。

大人は、甘酒ブームもあって、甘酒をお勧めします。

好みもあるでしょうが、最近白酒を打っている所をあまり見かけませんね。

濁り酒で代用します?!
 

スポンサーリンク

 
愛情たっぷり込められたひな祭りのイベント行事で、お子様がすくすく育つように祈る気持ちと、シニアになってもひな祭りは祝いをして健康長寿祈願と、厄除け、身の清めをしたいですね。