流しびなの館で行われる雛流し!鳥取市用瀬町

流しびなの館では、見る、楽しむ、遊ぶ、体験する、食べるができる楽しい観光施設です。毎年、旧暦3月3日に流しびなを開催しています。
とても人気の高いイベントですから、是非とも訪れてみませんか?

流しびなの館とは?

江戸時代を中心に約1000体のひな人形が展示されているt鳥取市の観光施設です。
一口にひな人形と言っても、種類が豊富にあります。
京風雛、立ち雛 享保雛、有職雛、押絵雛、掛け軸雛などたくさんのひな人形が飾られていて、どれも美しさや豪華さ、歴史を感じさせてくれます。

 入場料金:高校生以上 300円 

流しびな作り体験コーナーで、自分だけの流し雛を!

 

スポンサーリンク

藁でオリジナルな流しびな作りに挑戦してみましょう。
いつでも体験でき、出来上がった流し雛は、次回のひな祭り行事まで預かってくれ、川に流してくれます。
持ち帰りも自由です。

 60分コース:おひとり様1300円 

雛尽くしの料理でランチを!

桟俵にのせたお料理で、無病息災を祈願するランチが好評です。
ランチコースの値段も、1500円~2000円と、とてもリーズナブルです。
事前予約が必要です。

雛ランチ

雛流しイベントは旧暦で行うのがここのポイント!

雛流しは旧暦で行っていますから、毎年開催日が変わります。

事前に公式ページでお調べください。 流しびなの館公式ページ

平成30年度のパンフレット
イベント内容は?

短歌・俳句・お茶会など風流な流れの中、流しびな製作実演、ひな荒らし、流しびな踊りなどがあります。

祈祷神事も行いながら、川に流して、身を清め無病息災を願います。

最後はお炊きによる厄払いをしています。

流しびなの館から、用瀬駅周辺観光スポットのご紹介!

 

鳥取県 八頭郡智頭町へ向かう事をお勧めします。

用瀬駅から約10キロ未満になります。

八頭郡智頭町は、観光スポットがたくさんあり、古い建物や集落、お寺な度が点在しています。

 

・板井原集落

昭和30年代にタイムスリッピしたような、民家が並ぶこの集落では、古民家のカフェなどその時代を肌で感じる事もできます。

 

・智頭宿

こちらも古い街並みが残っており、散策すると心が和みそうです。

 

・成田山 青龍寺

勝ち運のお守りのご利益がとても評判のお寺です。

近くには、豊乗寺というお寺もありますよ。

 

チェック!
鳥取の有名観光スポット

砂の美術館アート

・鳥取砂丘:砂丘は見ておかないとね!

・鳥取砂丘砂の美術館:とても素敵な砂のアートがあります。

・水木しげるロード:おなじみの鬼太郎・妖怪関連の観光スポットがたくさんあります。

・三佛寺:国宝にもなっている断崖にたつ「奥ノ院 投入堂」は圧巻ですね。

スポンサーリンク

鳥取市用瀬にひな祭りと周辺観光スポットで楽しい旅になりますように!