30代からのお手入れ!エラスチンでエイジングケアをする!

アンチエイジングに欠かせない成分はたくさんありますが、そのなかでもエラスチンはシワ・たるみを抑える大切な製品の一つです。40歳ごろから急速に減少するこの成分を補給することで若々しい肌を保つエイジングケアとは。

エイジングケアに欠かせないエラスチンとは?

 

アミノ酸の一種であるエラスチンは、お肌の真皮のタンパク質成分です。

頭皮や顔の真皮にたくさんあります。

しかし、加齢と共に減少していく事で、皮膚の弾力が奪われしわやたるみの原因にもなっています。

コラーゲンと結びついて綺麗な肌を維持しているエラスチン!

網目状に形成されて皮膚の弾力や梁を作り続けています。

そのコラーゲンとエラスチンが減少すれば、たるみが出てくることはお分かりですよね。

さらに、保湿成分であるセラミド、ヒアルロン酸も減少となれば、想像がつきます。

基礎化粧品で補うだけでは足りないエラスチン!

 

どんな成分でも外からだけでは足りていないのが、30過ぎたら当たり前です。

体の内側から摂取することも大切なことなのです。

年を重ねてくると、何もかもが足りなくなってきます。

補う事の重要性は、その年齢になってきたとき気がつきます。

中年期になってきたら、ハリのある人、シワになる人に差が出てくるのは、普段からの食事や体調管理の差が出てくるからなのです。
 

スポンサーリンク

 

全ては繋がっている健康と美しさ!

 

肌だけを綺麗にしようと思えば、正直な所、たくさんの身体的な環境を整え、運動もして筋肉を減らさないようにしなければならないこともあります。

現実的に、顔にも表情筋という筋肉があり、これも衰えればシワやたるみの原因になっています。

お肌の弾力がなくなる

どれも因果関係があり、どうしたら良いのかわからなくなってしまいますよね。

エラスチンが不足していると、表情筋も弛んできてしまいます。

努力して鍛えても、それを保つ組織がないと…。

それがエラスチンでエイジングケアに繋がっています。

 

サプリや食事でエラスチンを摂取することを心がける前に注意点!

 

エラスチンが減少する理由を知っておくことから始めましょう。

摂取しても、無意味になってしまってはもったいないですよね。

エラスチンが減少する理由

加齢は大きな原因ですが、個人差が出る理由は「紫外線・酸化・糖化」です。

紫外線対策もせず、肌が酸化してしまうことと、甘い物の糖質が体内で余る事によりたんぱく質と結びついてしまう事です。

日頃からのお手入れと、肌が錆びつかないように、消費できないほどの糖質摂取を控え、紫外線には気をつけていきましょう。

 

30歳過ぎると、エラスチンは、食事摂取しても足りない年齢になっている!

 

 

エラスチンは、食事でも取る事ができます。

含まれている食材は、「牛筋、鳥手羽」などです。

しかし、必要な量を摂取することが難しいのです。

むしろ、体内の酸性化を少しでも減らす努力をした方が効果的とも言えます。

エラスチンを、サプリメントで補っていく

いつまでもハリのある肌でいたい

最近のサプリは、吸収力や含有量をしっかりと計算して製品化されています。

サプリで補うなら、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドも配合された美容に特化したサプリがお勧めとなります。

やはりサプリの吸収力と、個人の努力による違いが大きく表れてきます。

何もしなくても減っていくエラスチン。

効果を感じなくても、3年継続後には、あまり変化が見られないという事は効果があったと言えるのではないでしょうか?

現状維持できたのですから…。それがサプリで補うという事と思えます。

 

 

今人気のサプリメントは「ハリジェンヌ」

 

Ikkoさんがお勧めしているサプリが、口コミでとても評判となっています。

口コミの中では、「2週間で違いが出てきたと実感できる」という内容がとても多く見つかりました。
 

スポンサーリンク

 
 
いくつになっても綺麗でいたい女性にとって、肌のお手入れは大切なこと。

シワやたるみが出てくると、自信を無くしてしまう人もいます。

そうなる前に、自分磨きをしておきましょう。